このサイトは、横画面表示で実行するように最適化されています。続行する前にデバイスを回転してください。

ヴァイカンの沿革

ヴァイカンは、現在のデンマーク本社所在地からわずか数キロメートル離れた場所で育ったA・P ・ペデルセンにより、
1898年に設立されました。農場で育ち、自らの手で育てたものが食卓に並ぶ生活を経験していたペデルセンは、
衛生の重要性と価値について本能的に理解していました。

その後数十年を経て、ヴァイカンはエキサイティングな新しいビジネスエリアに移行し、国際的な企業に成長しましたが、
現在でも食品飲料業界向けに衛生面を重視したクリーニングツールの製造が中核事業となっています。

 

 

ヴィシング財団について

ヴァイカンは、家族運営による非営利のチャリティ財団であるヴィシング財団がその90%を所有しています。

ヴィシング財団については財団ウェブサイトをご覧ください (デンマーク語のみ)

財団ウェブサイト

Based in Denmark

デンマークを拠点に活動

Vissing Fonden Diabetes and Cancer Research

糖尿病およびがん研究に貢献 

ブログ

The Vissing Foundation

イェッテ・ソンダーガード・ボービヤー (役員秘書)

ヴィシング財団

糖尿病およびがんの科学的研究を支援するチャリティ団体のヴィシング財団が、ヴァイカン社の株式の大部分を所有しています。
 

ブログを読む

The story behind the name - blog post

ロッテ・イェンセン (マーケティングマネージャー)

ヴァイカン-社名に隠された物語

ヴァイカンという社名には 様々な意味が込められていますが、その意味を知るには、ちょっとしたデンマーク語の知識が必要となります。「Skive Børstefabrik」から「Vikan 」 への変遷、そして社名の意味するものをご紹介します。

ブログを読む