このサイトは、横画面表示で実行するように最適化されています。続行する前にデバイスを回転してください。

Asda & Vikan

-長年のパートナーシップが培う優れた価値


Asdaは長年にわたりCity Facilities Management (City FM) 社から市場の最先端を行くクリーニングモデルの提供を受けてきました。 顧客に革新的なソリューションと最高なサービスを提供することで、両社は長年にわたるパートナーシップを築いてきました。

そのため、7年前、ベーカリーの壁の清掃に関する問題について相談を受けた際、ヴァイカンがこうした強固な関係にどの程度貢献できるかは想像できませんでした。

しかし、実際私たちには、大いに貢献できる余地があったのです。そして最初の課題を解決した後も、他の様々なサービスでCity FMをサポートできることが明らかになりました。

最初の問い合わせから7年を経た現在、当社は400ヵ所を超える英国内すべてのAsda スーパーストアとAsda物流センターに対し、カラーコーディングによるクリーニングツール、マイクロファイバー、車両用製品を提供する主要サプライヤーとなりました。

徹底的な初期試行と協議を行った結果、現在では特注のトロリー、人間工学に基づいて設計されたモップ、カラーコーディングされたクリーニングツールなど、今や当社の幅広いソリューションがAsdaグループ全体で日常的に使用されています。使用箇所も、トイレや清掃サービスから、生鮮食品部門、フードコート、駐車場まで、あらゆる分野を網羅しています。また、当社の車両用クリーニングツールは、宅配車両を清潔するためにも使用されています。

 

こうして私たちは強固なパートナーシップを築き上げましたが、ヴァイカンはそこで胡坐をかいているわけではありません。当社は、市場の最先端を行くCity FMのクリーニング基準に挑戦すべく、改善につながるアイデアを提供し続けています。つまり、変化する現場の状況に対応するべく、クリーニングモデルに新たなイノベーションを定期的に導入しているのです。こうした取り組みは、食品小売業界にとってかつてないほど試練の時期となった過去12か月間、特に重要となりました。

世界的なパンデミックにより、一部のクリーニング作業が非常に重視されるようになったとともに、新たな作業も導入されました。今や顧客や同僚の安全のために不可欠となったアクリル製の仕切り板は、設置したままでこまめに洗浄するのは簡単ではありません。しかし、幸い当社ではマイクロファイバー製品を用意しており、City FMが安全かつ効果的に仕切り板のクリーニングを行うことができます。また現在では、汚れや細菌が溜まりやすい細部の洗浄は、今まで以上に重要となっています。しかしそこでも、当社はこうした難しい作業のために特別に設計された新製品を発売いたしました。

このような私たちの努力は、食品小売業界誌『The Grocer』が行った調査でも見事に証明され、Asdaは昨年の新型コロナウイルス流行中、最も体制が整ったスーパーマーケットチェーンに選ばれました。 ヴァイカンは、パンデミックの期間全体を通じCity FMとAsdaを支え続け、この素晴らしい業界評価を獲得する一助となれたことを非常に誇りに思っています。

AsdaのSuperstoreを訪れていただければ、清掃スタッフが当社のトロリーを使い、現在あらゆるビジネスで活躍しているアクリル製仕切り板の清掃にEasyshineキットが使用されているのが、実際にご確認いただけます。また、フードコートでコーヒーを飲む際には、テーブルを含め接触の多い場所の清掃に使われているマイクロファイバークロスにもご注目ください。

こうした当社のパートナーシップにより、従業員と顧客、両方の安全を可能な限り守る環境づくりに最善を尽くしているAsdaでは、安心して買い物ができるのです。