このサイトは、横画面表示で実行するように最適化されています。続行する前にデバイスを回転してください。

色分けによる明確化

現在業界基準となり、世界中の食品安全規格が要求事項として挙げている
クリーニングツールのカラーコーディングは、
ヴァイカンが1990年代に業界で初めて打ち出したものです。

カラーコーディングのしくみ

清掃・洗浄エリアを色別に区分化することにより、アレルゲン・化学薬品・異物などの食品残渣や微生物による交差汚染のリスクを最小限に抑えます。具体的には、特定の区域や作業ごとに、クリーニングツールの色分けを行います。

例えば、赤いツールは高リスク区域に、黄色いツールは低リスク区域に使用すると決めたり、青いツールは食品が接触するサーフェス (表面) 用に、緑色のツールは床の清掃・洗浄用にする、と決めたりします。それにより、ツールが正しい区域で正しい作業に使われているかが容易に判断できます。

さらに知る

カラーコーディングによる区分化については、ヴァイカンのホワイトペーパー『食品の安全と品質を高めるカラーコーディング活用ガイド』をぜひお読みください。’

ホワイトペーパーをダウンロード

Colour Coding Plan

カラーコーディングの導入をお考えですか?

ヴァイカンでは、カラーコーディングの導入やアップグレード計画をお手伝いいたします。ヴァイカン現場調査の実施により、施設に合わせた衛生ゾーンを策定。しかも、調査は無料です。また、このサービスではクリーニングツールの管理計画もご提案いたします。

さらに知る

サイトサーベイを予約