このサイトは、横画面表示で実行するように最適化されています。続行する前にデバイスを回転してください。

レストランチェーン
「I Love Pizza」
の場合

1982年、父ベーチェット・ユクセルはスウェーデンのヨーテボリにあったピザ屋の経営を引継ぎ、今日の「I Love Pizza」の始まりとなりました。現在、同社は多数の店舗を持つ近代的なレストランチェーンとなって、さらなる成長を目指しています。ベーチェット家の息子5人を含む数人の家族が経営に携わっています。

「I Love Pizza」では最高のピザだけでなく、各種のサラダ、ファラフェル、チキン料理、ケバブ、ラザニアなどの提供にも力を入れています。生産部門では、メニューで使用されるソースを作り、全店舗で販売されています。

特にサラダに代表されるような、各種のテイクアウト商品の安全と品質を維持するには、高い衛生基準が求められます。アレルゲンと微生物制御の両面において、様々な食品間の交差汚染のリスクを確実に最小限に抑えなければなりません。「I Love Pizza」でもチェーンの成長に伴い、より高い衛生基準が必要となりました。そこで「I Love Pizza」では、クリーニングツールをゾーン毎に体系化し、カラーコーディングにより使用するツールを区別し、ツールのクリーニングと保管に関し厳格な手順を定めて、それらをすべて実行しています。

フィリップ・ユクセル (品質管理マネージャー)
「『I Love Pizza』では創業当時からヴァイカンのツールを一貫して使用しており、その性能には非常に満足しています。また、ヴァイカンのセールス担当者のサポートを得て、多くを学ぶことができました。ヴァイカンのツールを活用することで、衛生レベルが向上しただけでなく、誰にとっても非常に簡単で効率的なクリーニングが行えるようになりました。そのお陰で、お客様全員に笑顔と安心をお届けし、『I Love Pizza』での食事を楽しんでいただいています。」
「私は、Vikanが大好きです!」